会話に割り込んでくるときにウザいやつ

Aさんと話している時にBさんが横から入ってきて、人や状況によって「ウザい」と感じることがある。なぜウザいと感じるのか。

そもそもBさんが苦手というパターン。Bさんに対するイメージが固定化していて、「この人が会話に入ってくると、会話がつまらなくなる」と先を予測してしまう場合がある。
これは大いにある。けど恐らく、このパターン以外もある。
初対面の人で、その人に対するイメージがあまりない状態でも、ウザいと感じることがある。

お風呂に入りながら考えた。というか気づいたら、考えていた。

もう一つのパターンは、会話の腰を折るパターン。
私は、相手の答えがある程度予測できるけど、本人が本当に私が考えていることと同じことを思っているのか確認するという意図で、あえて質問したり、相手自身の口からその言葉が出てくるのを待つということがある。

例えば、仕事で突発的な対応が入って疲れた、大変だったというAさんに、
私は相手がなにを大変だと感じたのかちゃんと理解するために「何が大変だったの?」って詳細を聞く場合がある。
そういう時に、BさんがAさんの言ってることを解釈して「こういうことは疲れるじゃん」みたいに話をまとめてくる。

これはウザい。
私はAさんから、Aさんの言葉で話を聞きたいと思っている。
Aさんが話すことによって、私自身にはないAさん自身の観点が入り、Aさんが見たものや感じたことをそのまま話してくれるから。

そこに異なる人の解釈や想像の範疇という枠を入れたら、それはもうAさんの話ではなくなる。Bさんが想像したAさんの状況であって、Bさんが考えられる範囲からしか生まれない。
Aさんの言おうとしていることでBさんが想像できる範囲くらい、私も、恐らく他の多くの人も想像できる。
そうではなく、Aさん自身が見たものや感じたことを聞くということが、私が会話において大事にしていることなのだと思う。

じゃあ、そのBさんの想像とやらも含めた会話をすればいいじゃないか、ということになるけど、そうやってBさんの想像の枠だけを話していたら、それは恐らく私自身の想像の枠内でもあるし、結局Aさんの話はきけずじまいになる。

私はだれでもかれでも、そしていつでも明るく自ら人に話しかけていくようなタイプではない。
誰かと話す時は、自分自身に時間的にも余裕があって、もし自分自身がなにか言いたいことがあったとしてもそれを心の内に止まらせる余裕もある時だと思う。
だからこそ、今Aさんの話を聞きたいと思っている時に、Bさんが割り込んでくるとウザいと感じるのだ。
そして、Bさんが同じようなことを何度も繰り返して、私とXさんとの会話、私とYさんとの会話にも入ってくるなら、私自身がフェードアウトしてしまう。

とか考えてみたけど、最終的にいつも何が一番ムカつくかといえば、相手が自分自身の犯しているミスをミスト認識していないことだ。
他人には他人の正義がある。
その不可分の領域に踏み込んでいることや、自分のメガネでしか見ていないこと、
知ることも想像さえもできない範囲を相手が持っているということを想像しない人にムカついている気がする。

子どもに「アウトプット」を与える

先週、小学生の子どもがいる姉と出かけた時に、姉が子どもに、本は制限なく買い与えているということを言っていて、それがどこかで引っかかっていた。

なぜ引っかかっていたのか。
前提として、私自身は子どもの頃、本をよく読んでいたし、それが言葉の習得や読書習慣に繋がったから、本を与えること自体は悪いことだとは思わない。

ただ”無制限に”というのは気になる。
姉の収入は、具体的には知らないがある程度は想像がつく、低収入だし、給与所得だから、私がもし同じ立場だったら、”無制限に”買い与えることはしない。

子どもが「本だったらなんでも買ってもらえる」と思うように育つことも怖い。
大人になれば、いくら勉強とはいえ、無制限にお金をかけられるわけではない。
比重を大きくすることはできても、収入や資産以上の支出はできない。

それでもまだ釈然としない。
お金の問題以外にもまだ何か気になっていた。それが今日判明した。

アウトプットだ。
私自身も、言葉にして明確に意識できていたわけではないけど、自身が子どもだった頃を振り返って、親に何をもっと与えてほしかったか。
それはアウトプットに関するもの。
アウトプットするための道具、機会、それに対する適切なフィードバック(アウトプットするための考え方、批判、会話、適切な指導者に触れる機会)などなど。

社会に出て思ったことは、仕事は基本的にアウトプットだ。
アウトプットに値段がついて、それを買ってもらえて初めてビジネスは成立する。
どんなに良い考えや技術を持っていたとしても、それらを求められる精度でアウトプットできなければ、だれも買うことはできない。

でもそれを経験から学んだのは、大学を卒業して社会人として働き出してから。
そもそもアウトプットしなければ、だれも商品を目にすることもできないということも、
アウトプットしなければ、どのくらいの価値がつけられるかがわからないということも、
何かをアウトプットすれば、全ての人から受け入れられることはなく、批判や思わぬ反応を受けることがあるということも。

 

私自身が内向的で、積極的にアウトプットしたものを人に見せたりするような子ではなかったからこそ、
大人になってその重要性に気づき、子どものうちからもっとアウトプットして、フィードバックを受けて、さらにそれを受けてより精度を高めて、という経験ができていたらよかったと思っていた。
つまりPDCAを回す経験か。

 

子どもが自ら進んで本を読むことは良いことだと思うし、
無制限に買い与えることができるなら、それに越したことはないと思う。

だけど、私の中で釈然としなかったこと。
それは恐らく、読書はあくまでもインプットでしかないということ。インプットは他人の知識や経験をなぞることしかできない。アウトプットは、それを自分自身の知識や経験として積み上げることができる。決して消えない。

もっと早くそのことに気づけていたら、と人生のある時に思ったことが、今こうして別の形で意識されたと思う。

 

Netflix『The Politician』Ep.8 で見つけたことば

Netflixで、『The Politician』というドラマを見ています。
Netflixオリジナル作品です。

主人公はお金持ちの高校生で、生徒会長に立候補し、選挙活動を行うところからストーリーが始まります。

 

私はもうEp.7まで見ていて、その最後に主人公の母が語ることばが、このストーリーの見方を深めることにつながったので、紹介したいと思います。

Netflix公式のYouTubeチャンネルでも、トレーラーに使われているシーンです。

www.youtube.com

 

以下、存分にネタバレを含みますので、ご了承の上、お読みください。

続きを読む

本紹介『アルケミスト 夢を旅した少年』

最近、活字を読むことが減ったなと思い、持っている本を再度読むことにしました。
それがこの『アルケミスト 夢を旅した少年』(以下、『アルケミスト』)という本です。

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫) | パウロ・コエーリョ, 山川 紘矢, 山川 亜希子 |本 | 通販 | Amazon

 

私は基本的に、本は読み終わったら売るようにしていて、手持ちの本はおそらく20冊程度です。

一度読み終わった後、また繰り返し読みたいと思う本だけ手元に残す、図書館などで借りて読んで、手元に置いておきたいと思う本だけ買う、ことにしています。

その中で、今回紹介する『アルケミスト』は数年前に購入して1度読んでから、実際に何度も繰り返し読んでいます。
正直、人生で必要な自己啓発本はこの1冊で良いといってもいいくらいの本だと思っています。

 

 

この本を知ったきっかけは、私が好きなモデルの大屋夏南さんが、ご自身のYouTubeチャンネルの動画で紹介されていたからです。

www.youtube.com

もし、『アルケミスト』が良いと思ったら、他に紹介されている本も参考になると思うので、よかったらこちらの動画を見てみてください。

 

私がこの本を読む最大の理由は、生き方について本当に大切なことを学べるからです。

いくつか良いと思ったことばがあるので紹介したいと思います。

 

1:自分自身の運命と向き合う

結局、人は自分の運命より、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまうのだ。

 

 

2:人生はいつでも自分自身で支配できる

誰もが世界最大のうそを信じている~人は人生のある時点で、自分に起こってくることをコントロールできなくなり、宿命によって人生を支配されてしまうということだ。それが世界最大のうそじゃよ。

 

 

3:幸福の秘密

幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないことだよ。

 

これは主人公である少年サンチャゴが、出会った王様に教えてもらう話として出てきます。
世界で最も賢い男から幸福を学ぶために、一人の若者が賢者が住んでいる城を訪れます。

そこでは、賢者やその周りの者が忙しく動き回っていて、賢者は若者に、幸福の秘密を説明している時間はないと言います。
そして若者に二滴の油が入ったティースプーンを渡して、「その間、君にしてもらいたいことがある」と言います。

「歩きまわる間、このスプーンの油をこぼさないように持っていなさい」と。

若者は、賢者の宮殿の階段を登ったりおりたりしますが、スプーンの油に釘付けです。
戻ってきた若者に賢者は、宮殿の中に飾ってあった珍しいものや、手入れされた庭をみたかと尋ねますが、若者は、実は何も見なかったと答えます。

賢者は、「では戻って、わしの世界の素晴らしさを見てくるがよい。彼の家を知らずに、その人を信用してはならない」と言います。

そして若者は、今度は宮殿の中の芸術品を観賞して、庭園や、宮殿の周りの山や花を見て回ります。

戻ってきた若者に賢者は訪ねます。「しかし、わしがおまえにあずけた油はどこにあるのかね?」若者が持っていたティースプーンには油はありませんでした。

そこで賢者が若者に伝えたことばが、紹介した名言になります。

羊飼いは旅が好きになってもよいが、決して羊のことを忘れてはならないのだ。

 

 

上に書いたことば以外にも、この本には夢を追うことについて考え方を学べることばやエピソードがたくさん詰まっています。

最初に、私は『アルケミスト』を何度も読んでいると書きましたが、読むたびに文章から得られることが変わります。

それは自分自身が変化しているからだと思います。そして、一度読んだだけでは、この本に書かれていることをすべて読み取れないからです。

つまり、1冊丸ごと名言のような内容の詰まった本だということです。

 

もし夢を諦めた方、今の生活に迷いがある方、何もなさすぎることが悩みの方、この本を一度も手に取ったことがないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度手にしてみていただきたいです。

 

Instagramリールに文字を追加してみた

今日初めて、Instagramのリールを作ってみました。

他の方のブログなどをみて、文字入力をしてみようと思ったのですが、
OSの違い?なのか、いまいち入力や再生時間によって切り替える方法がわからなくて、
結局自分でアプリをいろいろ触っているうちにやり方を見つけたので
今日は、それを紹介します。

 

  1. アプリを開いて、Reelを追加するアイコンをタップします。
    右上のプラスボタンでもいいし、画面下部のリールアイコンからでも
    どちらからでも作成画面にいけます。

    Instagram Profile

    Instagramプロフィール画面

     

  2. 右上のプラスボタンをタップした場合は、新たに作成するコンテンツ「Reel」をタップします。

    ChoiceReels

    Reelを選択

    1で、画面下部のReelアイコンをタップした場合は、ここで右上のカメラボタンをタップします。

    Create Reel

    リール動画を撮る
  3. リール作成画面になるので、その場で動画を撮るか、
    フォルダから画像or動画を追加する場合は左下のプラスをタップします。
    (私の画面では真っ黒にしていますが、通常カメラで写しているものが画面に表示されます。)

    take a Reel movie

    Reel動画を撮る


  4. 今回はフォルダの画像を選択したので、選択した画像を数秒間表示する動画になっています。
    右上の「Add」をタップして、この画像で動画作成を進めます。

    Add a Picture

    画像を追加


  5. すると、次の動画or画像を選択する画面になりますが、
    今回は4で選択したひとつの画像のみで、Reelを作成しようと思っているので、
    録画ボタン横の「Next」をタップして、次の編集画面に進みます。

    Go next Edit step

    次の編集画面へ


  6. Instagramのストーリーの編集画面と同じような画面になるので、
    「Aa」をタップして、”スパイスカレー”と入力しました。
    文字色やフォントの編集方法は、ストーリーと同じです。
    テキストの入力、スタイル編集が終わったら、右上の「Done」をタップします。

    Add texts

    テキスト追加
  7. 画面下部に、入力したテキストとそのテキストを表示する範囲を示すシーケンスが表示されます(画像の赤実線の枠)。
    この画面で、動画のどこからどこまでで、先ほど入力したテキストを表示するかを調整します。

    Display texts

    テキスト表示

    テキスト表示の開始を少し遅らせてみました。
    表示範囲を決めたら、シーケンス横のチェックのアイコンをタップして次に進みます。

    Edit texts display

    テキスト表示編集



  8. 2つ目のテキストを、表示範囲をずらして入れてみます。
    再度「Aa」をタップしてテキストを入力します。

    Add text 2nd

    テキスト追加2


  9. 2つ目のテキスト入力を終えると、今後はシーケンス上部に最初に入力した”スパイスカレー”という文字と、2つ目の”TURRY”の2つが表示されます。
    ”TURRY”の方を選択した状態(文字に白の背景色が着いた状態)で、
    1回目同様に表示範囲を調整します。

    調整し終えたら、先ほど同様チェックをタップします。

    Edit 2nd text

    2つ目のテキスト編集
  10. すると、追加したテキストがそれぞれ選択した範囲内でだけ表示されるようになります。
    今回はテキストの切り替えのみを行いたかったので、編集はこれで終了です。
    完成したReel動画のプレビューを確認して「Next」をタップします。

    Preview

    プレビュー


  11. そして最後に、キャプションや位置情報などを追加して、
    動画を「Share」して投稿完了です。

    Reel Upload

    シェア


インスタの動画編集は、ストーリーで慣れていたので
やればできるだろう、と思っていましたが
編集画面が何段階かに分かれていて、「Add」や「Next」を押す、というのが
最初はわからなかったです。

これを読んでいただいた方で、もし説明がわかりやすい、わかりにくいなど思うことがあれば、
リアクションをいただけると嬉しいです!

 

これからおとずれる自分年表

『自分年表』って言われると、
「こいつなに浸ってんだよ」って思われるかも知れませんが、
【過去】に起こったことの年表ではなく、
【未来】にこれから起こることの年表を作成しました。

 

『シイモトの自分年表』

40歳:

・年収1億円を達成
・海外で起業しているか、なんかしらのビジネスをしている
・ドバイかアフリカにいる
・教育、セラピー分野に関わっている

35歳:

・年収5000万円達成

31歳(3年後):

・年収3000万円達成
・海外で生活している

30歳:

・年収1000万円達成
・ライティングの仕事をしている
・カウンセリング、マーケティング、心理学の知識を身につけてそれらを活かした仕事をしている

29歳:

・パートナーと一緒に生活する(要は彼氏?と同棲する)

28歳:

・年収500万円達成
・起業する

 

ということを書きました。

 

これをやったきっかけは、マナブログのマナブさんが
「書くだけで叶う」という動画を出されてたからです。

www.youtube.com

叶うんだったら、やってみようと思いました。

今私は、未来に対して不安もあるけど、
すごくフラットな状態です。

以前ほど、不安や周りに声(親、社会、SNSとか)によるネガティブな
感情に振り回されることもなくなりました。

 

おそらくそれは、ただひたすら自分の人生に集中することを
意識できるようになったからです。

振り回される=縛られているものがない、自由に未来を選択できるんだ、
という感覚でいます。

なので、書くこと自体は全く面倒くさくなかったです。

 

これさえも面倒くさい、どうせやってもできない、
など考える方は、
土台となる「人生に対する態度」をまず変える必要があるかも知れませんね。

面倒臭いけど、やってみようと思うかどうかで、
それをやった人と、やってない人で差が生まれることは間違いないでしょう。

 

なぜ40歳までしか書いてないのか、
これは動画内でもマナブさんも40歳までしか書いてないのですが、
そちらで説明されている理由と私が40歳までで区切った理由は異なります。

 

私は中学生ごろから自◯願望があり、
「もうこれ以上苦しい思いをしたくないから4にたい」と
思っていました。

おそらく13〜20歳ぐらいまで、
医師の診断は受けてませんが、そううつ状態
「4にたい」と「なんて素晴らしいんだ」を行ったり来たりしていました。

 

ですが、周りに流されて大学進学してしまい、
奨学金を借りてしまいました。

両親が働いていないので、親戚に保証人をお願いしていて、
さすがに他人を巻き込むわけにはいかないということで、
奨学金の返済”という、4ぬまでにどうしてもやらなければいけない
タスクが発生してしまいました。

それで、
「じゃあ40歳までは頑張って生きるか、
40歳になったらあとはもういいや」と思ったのです。

その頃には、奨学金の返済も終わってるだろうし。

 

そんなわけで、私は40歳以降の人生は考えずに生きてきました。
40歳で人生終わろうと、けっこう本気で考えていました。

しかも、時限式な上に、その短い期間に私が求めていたことは、
奨学金の返済”のみだったので、
パートナーやキャリアについて真剣に考えることもありませんでした。

 

でもその後、友人が先に逝ったことで、
私は時限式も含めて、自◯願望をきっぱり辞めることにしました。

ただその時は、友人が亡くなった時は悲しみに暮れるだけで、
自分の人生をどうしていくか、改めて考え直すことはありませんでした。

 

が、コロナでの生活の変化をきっかけに
ついに私の人生もある意味崩壊し(詳細は端折ります)、
人生について考え直す機会と時間が与えられました。

 

その与えられた時間の中で、
私のこれまでの人生とこれからについて考えていた最中、
「人生に対する態度」について、ある一つの結論に至りました。

 

そして、最近ある本を読んでいたときに、
私が至った結論と、ほぼ同じことが書いてありました。

 

その本を読んだときは、
「私が色々時間をかけて考えなくても、世の中の本に書いてあったんだったら、
 もしあと2年早くこの本の内容を知っていたら私の人生はどうなっていたんだろうか」

と思いました。

 

その本については、
また別の記事で書きたいと思います。

今年はまだ3ヶ月程度しか経過してませんが、
今のところ私の中で、
2022年に読んだ【人におすすめしたい本第1位】です。

 

 

 

 

3年後どうなってたいか、書いてみました。

去年7月(実質6月)に、
大手のアウトソーシングの会社を退職し、
約4ヶ月の無職期間を経て、
いま現在は、従業員が20名にも満たない超小企業で働いている
シイモトです。

 

無職期間は、Webデザインの勉強をしていました。
手に職をつける、専門性を磨くみたいなことが、
これからの時代必要だと思ったからです。

そして、退職した理由にも通じますが、
会社とか組織ではなく、
個人として自由に動ける人、変化できる人が
これからの時代生き残っていくと私は思っています。

 

今の会社に就職して4ヶ月ほど経ちますが、
自分のスキルが陳腐化していることに危機感を感じ、
また転職を考えてます。

と同時に、今年中に起業したいとも考えてて、
これまで数年間「できない病」にかかっていた人間が、
改めて、自分が人生に何を求めるか考え直しています。

 

結局、なぜ続けられないか、
なぜ中途半端な努力しかできないのかって、
ゴールが明確じゃないからです。

ゴールが自分自身で考えて、心から望むものじゃないからです。

 

私は、自分でやるって決めたことは
結構その通りにやってます。

でも人から見ても、「やってるよね」って思われるレベルまでやれてることって、
できてないことに比べて、
自分の中での熱望量が全然違います。

熱望してない、「これやってみようかなー」とか
ゴールも決めずにやり出したものは、
大体途中で頓挫してます。

 

なので、大事なのは
・自分の価値観に基づいて
・自分が本心から叶えたいと思う
・具体的(定量的)に表せる明確なゴール
だと気づきました。

 

でも、このことを身をもって知れたのは、
あれでもない、これでもないと色々手をつけてわかったことでもあります。

 

前置きが長くなりましたが、
自分の価値観を知るとか、自己理解の作業を改めてやっています。

 

今日は、『3年後どうなっていたいか』ということを
紙に書き出しました。

 

・1年中暖かい場所で生活(タイかフィリピンを狙ってます
・カウンセリング、心理学の知識を身につけて、”人を伸ばす”スキルを身につけている
・自分の会社で働いている
・海外旅行している、アフリカにいきたい
・私のことを大事にできるパートナーがいる
・年収3000万円
・文章を書く仕事をしている
・健康で今の体型を保っている
・シリアルアントレプレナーになっている

 

と言う感じです。

まだ一社も起業してことないけど、
3年後にはシリアルアントレプレナーになってます。

 

40歳までの『自分年表』というのも書きました。

そちらもブログに残そうと思います。